上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


オレンジ色の夕焼け小焼け
東に伸びる影法師
暖かなその手を握り歩いた畦道
懐かしさに胸が苦しくなる
僕は今、一人、想い出噛み締めて…


突然の終わりに、目の前が暗転した。
認めたくないのに、現実は拒否出来ない。
「嫌だよ…僕を置いていかないでよ…ねぇ…」

優しいその笑顔、全て僕のこと包み込んでくれた。
淋しくなったり、辛くなったりしたら
いつでも僕を勇気づけてくれたね。



ありがとう…でも、やっぱ淋しいよ…
言葉にならなくて、少し恥ずかしくて
言えないままだった言葉達が
心のヒビから止め処なく溢れ出して
少しあなたのことを思い出すだけでもう、
涙腺は氾濫する───。


「大好きだよ。」
「本当に本当に、ありがとう…」

叶うなら、もう一度会いたい。
ねぇ、何で僕を置いて逝ってしまったの?
ねぇ…
まだいっぱい話したいこと、あったのに。
まだいっぱいあなたの笑顔、見たいのに。


あなたが教えてくれた。
生きること─────、その意味と、
それには必ず終わりがあることを。
だから後悔のないように生きること。
全てが当たり前にならないように、
その時を無駄にしないように。
強く生きるように───。

でも、ごめんなさい。
大好きだった感情の反動で、
今だけは、あなたのことを想って
心の限り泣いてもいいですか?

でもあなたはどうか泣かないで。
僕のすぐそばで、どうか笑っていて。
ありったけの感謝の言葉、贈るから。



ありがとう──────。







つい先日、日曜日、
最愛の祖母が
他界しました。

お盆過ぎに癌が発覚し、
しばらく入院していました。
発見が遅く、転移が進行しすぎていて、

手遅れでした。

その癌の一報を聞いた時、
眩暈で視界が歪みました。
涙が一気にこぼれ落ちました。
青天の霹靂でした。

入院後、
仕事が忙しかったため、
2回しか会いにいけませんでした。
一回目はまだ元気で、
いつものように色々お話をしました。
病状を知っていたため、
「早く元気になってね」
なんて言えませんでした。
分かっててでも
言った方が良かったのでしょうか。
帰る間際、
握手をしました。
「また来るからね」
って言いました。

二回目はもっと大きい病院に
移っていました。
呼吸器を付けて点滴をしていて、
もう前回会った時の
おばあちゃんではありませんでした。
うっすら目を開けてくれて
「純くんかい?」って。
耳を澄まして集中して、
しっかり聞かないと
何を喋っているか分からない状態。
消灯時間になるまでいました。
最後に握手をしました。
握り返す力はもうなく、
それでも、
「また来るね」
って言いました。

「また」
は、
ありませんでした。
嘘、付いてしまいました。
無理してでも、
会いに行けばよかった…



重病を抱えて生まれて来た僕は、
生死の境を彷徨い、
親戚も集められ、
一度死にました。
主治医の懸命の努力と、
祖母の懸命な祈り、
奇跡的に息を吹き返し、
医者も驚いたそうです。

それを子供の頃から聞かされていたので、
僕はおばあちゃんにすごく懐きました。
一緒に住んでいたわけではありませんが、
親に連れられ夏休みは何度も足繁く
祖母の家に泊まりに行きました。
子供の頃の思い出といえば
祖母なしには語れない、
おばあちゃんっ子でした。

大人になって、
免許を取得してからも、
正月やお盆以外でも
一人でおばあちゃんの家によく出掛けました。
すごく優しくて、
孫は6人いるんですが、
一番可愛がってもらってたと
自負しています。

のび太のおばあちゃんみたいな、
そんな感じの人でした。
昔の話をよく聞きました。
幼いながらも祖母の話してくれた昔話には
いつもドキドキしながら
聞き入っていたものです。

敬老の日に初めて贈ったラジオを
最後まで愛用していてくれて、
感謝の思いを込めて
毎年色んなものを贈っていました。
おばあちゃんに喜んでもらいたくて。
おばあちゃんの笑顔が見たくて。
でも、ラジオのことは、
贈った本人がもうそのことを
忘れていたのに…
母やおじさん達に、
「これ、純からもらったんだよ」って、
いつも自慢していたそうですよ。




そんな祖母は
今日荼毘に付されました。
何度も泣きました。
人生で一番泣いたかもしれません。



もう、
悲しすぎて、
辛すぎて、
今も泣いています。
今でも信じられなくて、
認めたくないだけかもしれませんが。


それでも
前を向いて
生きていかなければなりません。
おばあちゃんは必ず
天国へ行きます。
きっとこれからも
僕のことを
見守っていてくれます。
だから
僕もおばあちゃんのこと
ずっと忘れません。


おばあちゃん、
本当に今までありがとう。
大好きだよ。

スポンサーサイト
 2011_10_26


57973354.jpg



過労死…か。

まぁ、

純ドラは

「チーム過労死」の

「過労死レッド!」

なわけだが、

とにかく最近忙しい…orz


はい。

忙しいが

口癖のような

純ドラだが、

今回は

「事実、忙しい…」



いそが死しそう…

ちょっと

訳あって、

役職が

変わってしまい、

責任が

2237643788002877378374780112728tくらいある

そんな役職になった。

はぁ…

肩こりパネェ。



さて、

気が付けば、

このブログ、








































4年続けてるわけだが…




何やっても

飽き症で、

熱しにくく冷めやすい

純ドラが、

こんなに長く

ブログを

続けているなんて、

びっくりだ。

思えば、

エルズのメンバーに

「テメェ!ブログぐらいやりやがれ!

何が機械音痴だ!

逃げてんじゃねーよ!

方向音痴でリズム音痴で

歌っても音痴なゴミ虫野郎めが!!

この、【自主規制】!!!」

なんて

罵られて、

半ば

強制的に

始めさせられた

このブログが…

5年目突入なんて。

エルズ解散しても

続けてるなんて。

健気だ^^

これも

しゃあねーから

たまには見てやんよ

っていう

慈悲深い

あななたちの

おかげです。

ありがとうございます^^

でも、

振り返ってみて

思い出したが、

FC2に

移る前に

1~2年

Yahooブログで

このブログ

やってたんだよなぁ。

懐かしい。

今では

あの頃と比べて、

パソコンの

タイピングが

格段に

上達したよ^^


ブラインドタッチ、

久しぶりにやってみるね^^



お題は、

エルズの代表曲、

マ…エタニティの歌詞



…。






……。










あれ?



さきみだれるはなのかおりが

そたにおひろhがっいぇいき

ふんふんんん♪

こどーきをせみややかえばー

ん?



どーこー^まーでーもい@^こ@おー♪







そもそも、




思い出せない…orz



また、

みんなで

スタジオ入りたいね。

何か、

懐かしくなったよ。

ハルさん、

ちゃんと

リンクしとくでね。

  ↓


ハルさんのブログ!


これからも

おまいら、

純ドラブログを

見やがれ下さい


ノシ




 2011_10_18



09  « 2011_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

純ドラ

Author:純ドラ
ようこそ純ドラ徒然日記へ。
ここは元L's mad partyのドラマー【純】の
知られざる素顔を晒す、決死のブログです。

血:AB型
出身地:深海(水深1500メートル)
職業:秘密結社
趣味:山ドライブ、スノボ、温泉、オカルト、
   バンド、詩、中日ドラゴンズ
特技:迷子、フィンガードラム
必殺技:人の話を聞いてるフリ
座右の銘:明日から本気出す
好きな食べ物:ライチ、チョコミント、果物全般
嫌いな食べ物:とろろ、酢こんぶ、トマトジュース、にんにく
好きな音楽:DIR EN GREY,PIERROT,MERRY,MUCC,
Plastic Tree,BUCK-TICK,黒夢,
GO!GO!7188,ウルフルズ,ジムノペディ

Beautiful Freaks

線香花火を楽しめるブログパーツ

Flashリバーシ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。