上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


とんでもない

アニメを

見つけてしまった…

これは


ヤバイ。




チャージマン研!

   ↑クリック!


チャー研





1974年(昭和49年)4月1日~6月28日の間、関東地区ではTBSにより放送された。一話完結で、放送時間が10分のショートアニメーションである。通称「チャー研」。

しかし、これはOP,ED,CMを含んだ時間であるため、本編の放送時間はわずか
5分半ほどである。尺の事情によりストーリーの流れを放棄したり、問題を抱えたまま、
その問題を爆破して解決したりするなどの超展開が繰り広げられ、視聴者を放置して
ストーリーが進行する。
しかし、逆にこの5分の短い時間にもかかわらず、使い回し、敵による巧みな時間差攻撃、会話の長い間などの尺稼ぎが多用される。
また、効果音がない場面があり、緊張感のない戦闘シーンを繰り広げることも多い

数々の名言や珍行動を残し、作画崩壊や陰毛とされる物が画面に映り込んでいることがあるなど、視聴者を
いろんな意味で夢中にさせてしまう作品である。





登場人物


泉研

 「チャージングGO!!!!」

地球の味方・チャージマン研に変装する。
地球を守るためならば、多少の犠牲は厭わない(出典:wikipedia)。
チャージマン研の中の人。チャージマンであることは秘密であるはずなのだが、
ジュラル星人が現れたら身内の目の前で変身するなどの荒業を見せる。昨日まで仲良く遊んでいた友達がジュラル星人だと判ったら即射殺。ジュラル星人が無抵抗だったとしても難なく抹殺する正義のヒーロー。
研に関わった登場人物はレギュラー以外ほぼ確実に死亡する。研が急げば助かったことも多々あるが、ほぼ見殺しにする。
毎日敵との激しい戦闘を繰り広げるが、夜中の戦闘ではレーザーの音をマナーモードにする礼儀正しい少年である。

--------------------------------------------------------------------------------

泉キャロン

 「なまこわんわん!」

研の妹。金髪幼女だが作画が不安定なため大人の魅力が出せるようになったり、可愛げのある幼い顔になったりと、コロコロと顔が変わる。
このアニメにおける萌え要素であるため、スカートが異常なまでに短く、ムッチムチの色気を視聴者サービスとして繰り出すが、使い回しが多いため視聴者はいろんな意味でハラハラドキドキせざるを得ない。
「そうだわ、レコードを買わなくっちゃ」というセリフにおいて一切口が開かないことから、腹話術が得意なようである。
人質として捕えられたり車から危機一髪で逃れたりする際も、研にクッション代わりにされるなど、正義の味方の妹という立場は色々と大変であるようだ。
なお金髪は劣性遺伝であるため、両親がどちらも金髪とのハーフであるか、もしくは何かドロドロとした過去を持つ可能性が・・・ゲフンゲフン。

--------------------------------------------------------------------------------

バリカン

 「オイラも大好きでゲス!」

おじいさんロボット。おじいさん風に設計されているのか、それとも年式が古いので
おじいさん呼ばわりされているのかは不明。
この作品のマスコット的存在として作られたであろうロボットだが、基本的にひどい扱いばかり受ける。しかし本能的にイラッとくる行動を頻繁に起こすので、その扱いも
やむを得ないだろう。
また、唐突に語尾に「~ゲス」とつけたり一人称が変わったりとキャラが安定しない。
同様に目もロンパッたり普通だったりと視線も安定しない。
研一家で唯一キチガイレコードの殺人メロディが効かないどころか楽しんでいた。

--------------------------------------------------------------------------------

泉博(パパ)

 「うーん、野菜かぁ・・・」

研の父。自称の医者。しかし精神病院を「こんなところ」呼ばわりするなど、
モラル的に大問題な点も見受けられる。
よく車を運転しているが、頻繁に人や馬を跳ね飛ばす。

--------------------------------------------------------------------------------

泉さおり(ママ)

「DAMN!!!」

研の母。夫を医者として信頼していない(あるいは、夫が医者であることを覚えていない?)。
基本的に心優しい(ように見える)が、自分の娘を平手打ちにしたり、自分の息子の偽者を「ストローを使わずにトマトジュースを美味しそうに飲む」という理由だけで殺そうとしたりと、時折狂気が垣間見える瞬間もある。

--------------------------------------------------------------------------------

ジュラル星人

 「おっ、チャッ、アッー!」

地球を救いにきている良い宇宙人。ジュラル星の科学は地球の科学より500年進んでいる(自称)。下準備と回りくどさに定評があり、あらかじめ攻撃予告を研に知らせてから戦いに挑むほどで、奇襲攻撃を行うことは絶対に有り得ない。
視聴者がストーリーに追いつけるように分かりやすい解説を挟んでくれる優しさも忘れてはならない。
基本的にはチャージマン研の一撃によって死亡してしまうスぺランカー。
それどころか、攻撃をヒットさせても研は無傷でピンピンしている。愛用の宇宙船はマップ兵器で一掃されたり普通の軍隊に全滅させられたりと散々な扱い。
珍しく健闘することがあると、ジュラルを賞賛するコメント(「頑張った」「今回は健闘した」etc.)があふれるなど、皆に愛される敵役である。

--------------------------------------------------------------------------------

魔王

 「気にするな!」

ジュラル星人の司令官(多分)。研よりは人格者であるが致命的に人望がなく、部下を亡くすことには定評がある。
その分析力のなさにも定評があり、チャージマン研対策を部下から訊かれた際に
「気にするな!」の一言で一蹴した。ある意味非常に漢らしい人物。
変装をして「ひとみちゃん」という顔のクドめな美少女に成りすましたこともある。

--------------------------------------------------------------------------------

主なゲストキャラ・脇役

ボルガ博士

 「お菓子好きかい?」

西ドイツ出身の凄い科学者。海上工業都市の建設のために日本に招聘されて
来たが、なぜか映画館に行ってしまい研と関わってしまったがゆえ死亡フラグが
立ってしまった残念な博士。
ボルガ博士が大活躍する「頭の中にダイナマイト」はチャージマン研!の代表作。
ここからチャー研にはまる人も多い。

--------------------------------------------------------------------------------

星くん

 「泉くん、たなびたいことがあるんだ」

第4話「謎の美少年」に登場。「エ゙エーイ」 「ウェイ」と奇声を発したり、滑舌が悪かったりするのが特徴。
キャロンが顔を巨大化させて兄よりも熱烈な応援をしていた。
正体はジュラル星人だったので、研が腹いせに駆除した。大槻ケンヂ似。
研の変身を「変装」と作中で初めて表現したのが彼である。

--------------------------------------------------------------------------------

吉阪博士

 「研くん、今日は帰りなさい」

研との交流が深い科学者。一応日本を代表する科学者のようだ。
奇抜な髪型と髭の形、そして見事なO脚が特徴。
ポリシーなのか下はズボンを履いていない。そのため彼の登場シーンでは
「生足博士」や「穿けよwww」などというコメントが流れる。

--------------------------------------------------------------------------------

渚先生

 「No.12!酸素を止めなさい!」

研のクラスの担任教師。かなり色っぽい。
研のいるクラスの担任になってしまったためにジュラル星人に操られたり拉致られたりする難儀な人。その上、研にエロい妄想までされる。

--------------------------------------------------------------------------------

ムスカ

 「レセプションが開かれることになりました」 

大ざっぱ過ぎるアナウンサー。憶測でニュースを伝えることも多い。
本名不明。「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐に似ているので、ニコ厨から勝手に
「ムスカ」の称号を与えられた。

--------------------------------------------------------------------------------

チントン亭

 「一体何がどうなってんの?」

第29話「ファッションモデルを消せ!」に登場。
楽屋にチャーシュー麺3つを届けに来たところ、研と半裸のモデルがいるのを目撃。
上の台詞を残して消えた。

--------------------------------------------------------------------------------

陰毛

 「~」

陰の主役。画面の隅っこで健気にがんばっている。
彼は絶妙なタイミングで登場し、コメントで散々イジられる。
余談だがナックアニメはフィルム管理が非常に悪く、他作品でも頻繁に毛や劣化が
見受けられる。それどころか「ドン・チャック物語」「星の王子様 プチ・プランス」では
エンディングが1話分しか現存しておらず、再放送ではこれを使いまわしている。

--------------------------------------------------------------------------------

ナレーション

「専門的なことはともかく」

 通称「馴レーション」「塩沢偽人」。「~しているんだ」「~なんだ」等やたらと馴れ馴れしい口調で喋るんDA☆。
「馬鹿でかい」「貯蔵しといて」など言葉遣いもいい加減なんDA☆。
















では、実際にまだ知らない人は見てみよう。
ピンクのタイトルをクリックでyoutubeに飛びます。




ファンの間で「基本エピソード」「三大エピソード」と呼ばれる傑作回がある。
1話完結で前後のつながりもない作品なので、初心者はまず以下の回を視聴することからオススメする。


頭の中にダイナマイト

見どころ
 正義の味方、研が最初にボルガ博士を見殺しにしておいて、自分の推測でボルガ博士を連れ去り、
 名言「ボルガ博士、お許しください!」の言葉とともに、空中に捨てて爆死させ、
 最後に平然と「かわいそうなボルガ博士…」と言い放つ鬼畜っぷり。



恐怖!精神病院

見どころ
 自分の息子を精神病院へ潜り込ませ、「こんなところへお前を潜り込ませたのは無駄じゃなかった」
 と言い放つ研の父は医者である。こんなところ呼ばわりである。
 ジュラル星人ではなく人間である院長が自害をしたのち、ガッツポーズをする研。



殺人レコード 恐怖のメロディ

見どころ
 買ったレコードを再生して、流れる音楽はいつも毎回使われる音楽という手抜きっぷり。
 そのレコードを聴くと人間は狂ってしまう。叩き割ったレコードがなぜか炎上。
 それを聴いた研がレコード屋に怒鳴りこみ。
 「よくもあんなキチガイレコードを!」という放送禁止用語を平然と言い放つ。
 「ジュラル星人!今度という今度は許さないぞ!」と本人は言っているが、毎回容赦ないのだが。
 その後の追いかけっこが純ドラのツボである。
 最後にキチガイレコードの後遺症か、研がおかしくなってしまうという神回。



謎の美少年

見どころ 
 名言連発。
 1:09 「エ゛ェ~ィ!」という奇声とともにジャンプするイケメン星くん
 1:23 「ウェイ!」
 4:00 「ウェイ!」(2回目)
 何故か研の股間のアップがあったり、鉄骨を壊して「ヤバイ!」って表情を浮かべるジュラル星人、
 ノーダメージで楽勝だったのに汗を拭いながら「危ないところだった…」と言ってみたり、ツッコミ所満載。
 純ドラはこの話でチャー研の存在を知り、腹筋崩壊とともにハマってしまった。


雄一少年を救え!

見どころ 
 名言連発。
 1:16 「火事だ~!らりるれ火事だ~!!」
 1:55 「待ってくだされ!」
 2:03 「これから毎日家を焼こうぜ」
     ↑雄一の回想シーンだが、そんなこと言ってない。
 意味不明の夫婦喧嘩。「さっさとお入り!」と言いつつドアを閉める。
 雄一に家を焼かせるかと思いきや自ら家を焼くジュラル星人。雄一の必要性は…
 最後は何故か警察沙汰にならず研の酌量で罪を許される雄一。謎の感動の瞬間である。

 
バリカンの旧友が尋ねて来た

見どころ
 ジュラル星人二人とバリカンのやりとりがもはや漫才。名言「聞いたなコイツ!」が見事なハモリ。
 今回は研の「チャージGO!」がハイテンション。殺る気満々である。そのせいか、
 ジュラル星人に台詞を最後まで言わせず殺す。「おっ!チャ…アーーーーーッ!!」
 一言ぐらい言わせてやれよwww





ホームページもあるようだ。

40年近く前のアニメなのに…






チャージマン研!ウェブサイト










さぁ、

みんなで

「チャージング、GO!!!」
スポンサーサイト
 2012_01_27


僕のことを、初めて呼び捨てで呼んでくれるようになった
あの日から、君と本当に心が通い合った。そんな気がしました。
初恋の時のように、手を繋ぐだけで、ほんとは
笑っちゃうくらい、いつもドキドキしていました。

君のケータイが鳴るだけで ちょっと気になってしまったり、
髪を切ったことに なにも触れてくれなくて少し淋しかったり、
そんな子供みたいな僕を君は どう思っていたのかな。

自分以外の誰かから見れば、きっと
ほんの小さな出来事なんだろうけど、
僕から見れば、あまりにも大きな出来事。
もう、君に会うことも、触れることも、
名前を呼び合うことさえも、できなくなるね。
それでも、まだ頭ん中に、靄がかかって、
その向こうに君が笑う姿が、見えるんだよ。


いつも自分を演じて生きている そんな僕が
君といるときだけは ほんとの自分になれたんだ。
かけがえのない存在… 「大切」以上の言葉が出てこない───。

「愛してる」よりも、「憧れてる」ような、そんな感情で
君と一緒にいれること、触れあえること、奇跡のように思ってた。
そんな夢のような日々は、本当に夢だったかのように、
もう僕の記憶の中でしか 君に会えなくて…
優しい愛に包まれて、夢を見ていただけ。
長い長い夢から覚めただけなんだよ。今──。
ずっと繋がってた糸が切れてしまっただけ。
結び直そうにも、君はもうどこかに行ってしまった。



移ろう季節はもう 気が付けば2巡もしてて
あの日と何も変わっちゃいない僕は 
今でももうここにいない君に「憧れて」います。
もし、もう一度会えるのなら
「ありがとう」って 伝えたいよ。





 2012_01_16




2012年。

このブログを読んでくれている

みなさんにとって、

きっといい年になりますように。

最高の一年でありますように─────。



心から、

そう願います。  






            純ドラ











2011年。
嫌なこと、たくさんありました。
その筆頭に
東日本大震災が
あると思います。
僕はこのニュースを
ブログでは語りませんでした。
今になって言いますが、
僕には重すぎて、
何を書いたところで
偽善と捉えられてしまうだろうと。

ニュースを見て、
愕然としてしまって、
言葉を失って、
自分に置き換えて、
震えが止まんなくて、
何も言えなくなって、
大人しくしてました。


すごく色んな事を
考えさせられた
そんな出来事でした。
自分は今、
生きている。
自分の大切な人も
みんな元気でいて。
それが
どれだけ幸せな
ことなのか。
そのことを
痛いくらいに
感じさせられて、
生きることの重さを
実感しました。

最愛の
祖母の死もありました。

生きること────。
限りある命を
後悔なく
生きること────。

ネガ思考の自分なりに
本当にいろんなことを
考え、感じました。


去年はそんな一年だったからこそ、
みんなにとって、
今年はいい一年で。
そう思っています。

でも本当は、
今年だけじゃない。
ずっと。
ずっと───────────…








生きてこそ
 2012_01_03



12  « 2012_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

純ドラ

Author:純ドラ
ようこそ純ドラ徒然日記へ。
ここは元L's mad partyのドラマー【純】の
知られざる素顔を晒す、決死のブログです。

血:AB型
出身地:深海(水深1500メートル)
職業:秘密結社
趣味:山ドライブ、スノボ、温泉、オカルト、
   バンド、詩、中日ドラゴンズ
特技:迷子、フィンガードラム
必殺技:人の話を聞いてるフリ
座右の銘:明日から本気出す
好きな食べ物:ライチ、チョコミント、果物全般
嫌いな食べ物:とろろ、酢こんぶ、トマトジュース、にんにく
好きな音楽:DIR EN GREY,PIERROT,MERRY,MUCC,
Plastic Tree,BUCK-TICK,黒夢,
GO!GO!7188,ウルフルズ,ジムノペディ

Beautiful Freaks

線香花火を楽しめるブログパーツ

Flashリバーシ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。