スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

DIR EN GREY/ARCHE アルバムレビュー


a49ed0c9.jpg



今日は

おふざけ抜きで

真面目に

純ドラさんが、

アルバムレビューします。

今日はね、

好きな人だけ

見てくれたらいい。





20141101-00010001-dwango-000-1-view.jpg




俺のカリスマバンドの最新アルバム、



DIR EN GREY/ARCHE



デビュー15年目を迎えたDIR EN GREYが創り上げる通算9枚目のNEW ALBUM『ARCHE』。
前作より3年4ヵ月ぶりとなる2014年12月10日に発表された。
ギリシャ語で「根源」の意を持つ「Arche」(アルケー)。
DIR EN GREYが核に据えてきた<痛み>が16の楽曲にどのように現され、聴く者に伝えられるかに日本だけでなく世界が注目しています。

01. Un deux
02. 咀嚼
03. 鱗
04. Phenomenon
05. Cause of fickleness
06. 濤声
07. 輪郭
08. Chain repulsion
09. Midwife
10. 禍夜想
11. 懐春
12. Behind a vacant image
13. Sustain the untruth
14. 空谷の跫音
15. The inferno
16. Revelation of mankind


アルバムを出すごとに「進化」を繰り返してきたDIR EN GREY。この「進化」が毎回俺を魅了してやまない。当然発売してすぐに、しかも初回受注限定生産のを買ったんだけど、なぜ発売から2ヶ月過ぎた今更レビューすんのかというと、全16曲入りのアルバム。そんでDIRはそこいらの軽いロックバンドとは違い、とにかく「深い」。しっかり今日まで聞き込みをしてきたのだ。あと、パソコンがぶっ壊れていたのだ。あと、めんどくさかなかなか時間が取れなかったのだ。今。満を持してこのスタイリッシュなクズウインドウズ8に慣れながらレビューしてみる。バックスペースとナムロックの距離が近すぎてイラッとする~!!


なお、タイトルをクリックするとようつべに行けるので曲を聴ける。是非聴きながら読んで、自分なりの解釈、感想を持ちながら「純ドラ音楽用語間違ってるよ~。」「え~?全然そう思わないけどな~。純ドラセンスないし軽いわ~。」「うわ、純ドラまじできめぇwwww」「純ドラ、むしろ顔がきめぇwwwwwww」とか思いながら観て聴いてもらいたい。偏見持たれがちなジャンルだし、どちらかというと苦手な人が多いと思う。でも、これをきっかけに少しでもDIR EN GREYというバンドに興味を持ってもらえたら幸いだ。







1.
Un Deux



➡注目の1曲目。最近のDIRの傾向からすると、インストか壮大な超大作かと思ったが、意外や意外、キャッチーな曲だった。歌メロは聴き取りやすく(クリーンで歌ってる)、バックもサビに向けて上手く繋いでいる印象。しかし前作からギターソロが普通に入ってくるようになったな。この曲は俺からすればPOPSだな。かっこいい。最後の大サビが好き。





2.
咀嚼



➡乗っけからしんやさんかっこよすぎる!ほんと手数足数多いなぁ。サビのドラムパターンが好き。京様の伸びやかな歌声に聞き惚れているとやっぱり出ましたグロウルwギターの音の重ね方がいいね。Aメロの合間のとことか、単音のハモリとか。なんか、ちょっと前のDIRっぽい。バルガくらいの。そーしゃあーーーーーーー♪





3.




➡このアルバムで、俺が一番好きな曲、鱗。とにかくヤバい。初めて聴いたときから鳥肌立った。何だろ、この曲は京様じゃないと歌えない、世界観出せない。クラシカルなパートが多く、カッコいい。クラシカル→グロウル→シャウトと変幻自在に声を操る様は圧巻。2:50頃のこれ、何トラック声を重ねてるんだろ。クリーンなサビに似つかわしくないサビのバック。曲の静と動のメリハリ、構成、展開どれをとってもすごい完成度だと思う。濡れるわ~





4.
Phenomenon



➡これまでの流れがガラッと変わって何とも怪しくダークな曲。イントロからAまでのギターがおもくそカッコいい。これまた京様の声が曲の雰囲気にマッチしててカッコいい。何か俺、カッコいいばっか言ってんな。だってカッコいいんだもん。2コーラス目の歌い方は今までなかったな。ただし多分このアルバムの中で一番「聴く人を選ぶ」曲な気がする。大きな盛り上がりやキャッチーな展開は皆無。マニアック。だがそれがいい。





5.
Cause of fickleness



➡「一体何が始まるんです?」みたいな冒頭。アップテンポでゴキゲンなナンバー。歌いだしで笑って、Aメロでくだを巻いて、Bメロでにゃんにゃん言ってしょっしょっ言ってサビでWAKE ME UP!だもんな。やりたい放題のボーカルw最後のサビの5回目のWAKE ME UP!のキーはいくつなんだろう。最近のDIRではなかったような曲。





6.
濤声



➡読み方は「とうせい」。波の音みたいな意味。ここでバラード。何か、このアルバムは薫さんとだいさんのギターの役割がはっきりしてるというか、それぞれの音を聞き分けやすいのが多いな。バラード部門ではこの曲が一番好き。カラオケで歌ってみたい原キーで。「なーまあたたかいー」の所、一気にキーが上がるな。ほんといい曲。





7.
輪郭



➡シングル曲。スケキヨDIRとしてはありそうでなかった感じの曲だね。サビが全部ファルセット。これ歌ってみるとほんと難しい。「夢へ」のとこ。この人キー高すぎだろ!って思う。裏声でも瞬間キツい。しかし綺麗な曲ですよ。ラストのサビへの持ってき方が好きだな。これなら京様の凄さを分からせながらも万人受けしそうだ。





8.
Chain repulsion



➡ここまで2曲続けてバラってまたハードな曲。何かパッと聴きよく分からん曲。短いしね。でもこれ俺は好きよ。ここまでシンプルなギターも珍しいな。耳コピできそうなくらい(できるとは言っていない)。全体的にしんやさんもお得意な難解複雑怪奇な叩き方してないし、ストレートだ。「私はただただ行きたいだけ」の所、絶対音程取るの難しいわ。





9.
Midwife



➡ほんとギターが聞き分けやすい。ウロボロス、DSSの時は音色が似てて全然何弾いてるか分かんなかったもん。展開が読めない感じで進むけど、グロウル全開シャウト前回のハードコアな曲だね。ホイッスルもありますよそりゃ。このアルバムでは少しホイッスルは鳴りを潜めてる感じがあるよね。最後の方ヤバいな。カラオケでは一番歌いたくない曲w





10.
禍夜想



➡何て読むんだろう?かやそう?刻みのバッキングとオクターブのリフが俺好み。しかし今作はファルセットが多いなぁ。やっぱ本人もスケキヨと分別出来なくなっていやなんでもない…。バラードなのか?これ。サビはしっかりキャッチーなのがいいね。でも3:03頃、とんでもない声出してるよ…





11.
懐春



➡来た来た!ここに来て初めて爆裂さんのベースが俺のツボを衝いてきた!うねうね動くベースラインはほんと好き。サビの歌メロが鳥肌モンですわ。ドラムもカッコいい。てか、サビほんと全パートカッコいいなこれ。ギターの入ってくるタイミングも絶妙だわ。聴きやすいバラード。個人的にはラストに別のメロを付けた大サビがあったらもっと良かった。





12.
Behind a vacant image



➡これもバラードかな。今作はバラード多いなぁと思いきや激しいとこは激しいし、ほんとDIRは油断ならんっつーか、展開が読めないいい意味で裏切ってくるバンドだなぁ。途中で京様じゃないようなボーカル入ってるけど誰だろ?昔からDIRは途中どんだけ崩しても、サビはしっかり聴かせる所がいいんだよね~





13.
Sustain the untruth



➡シングル曲。構成がシンプルな曲だよね。アルバムの為にリテイクしてるね。2回目のサビ前のホイッスル?よくこんな声出るよなぁ。リフの音は口で言ってるのかと思ったけど、ワウかな。サビはとにかく聴きやすいので初めて聴く人にも比較的入りやすいんじゃねーかな。んでもってでろんでろんなベースがいいよー





14.
空谷の跫音



➡これまた難読…くうこくのきょうおんだと思う。純度100%のバラード。調べたらブラフマンも同じタイトルの曲出してるみたいね。いいよ~こういう曲。カラオケで歌ってみたい。ずっと裏で鳴ってるストリングスみたいな音と、アルペジオが曲の雰囲気を上手く作り上げてる。





15.
The inferno



➡しばらく大人しめの曲が続いてたから、突然びっくりするわwこのアルバムでも1,2位を争う暴れ曲。これぞDIRって感じの曲。聴いた感じ、ひと昔前のハードコアバンドっぽい雰囲気がした。イエローマシンガンとか。インフェルノは地獄って意味だよ確か。まさにそんな感じの曲。俺のツボはアウトロのギター。ここまじカッコいい。濡れる。歌は何言ってるかさっぱり聴き取れないけど、歌詞読んでもどこ歌ってるかさっぱり分かんないけど、ライブでは盛り上がるんだろうな~。





16.
Revelation of mankind



➡最後の曲。今までのDIRなら変則へヴィなミドルで締めるかと思いきや、これまた暴れ曲。しかも意味わかんないビート。6/8拍子でスラッシュビート。激しいわー。特にリフがカッコいい。一番最後の京様のシャウトは「鬼」だわ。一体何年後に出るか分からんけど、次のアルバムへの布石かななんて思ってしまい、次回作も期待せざるを得ない!










最近の大きな変革はTHE MARROW~でとにかくラウドに、海外のバンドっぽく進化し、「ホイッスル」もここで初めて登場した。次のUROBOROSではもっと大きな変革。「グロウル」という歌唱法を大きく取り入れた。歌詞もより深くなって、俺の理解を超えてしまっている。その後に出したDUM SPIRO SPEROはその流れを汲んで更に進化した感がある。さて、それで今作は一体どうなってしまうのだろうか、また新しい武器を使ってくるのかと思っていたが、正直予想とは大きくかけ離れていた。何だろ、中期くらいのDIRの要素を今のDIRに混ぜ合わせて出来たアルバムのように思えた。そのバランスがすごく絶妙で、明らかに前作2作よりも「聴きやすい」感じに仕上がっていた印象を受けた。ただただ激しくダークでへヴィなものではなく、バラードも多く、遊び心も加わっている。「らしさ」はそのままに、またひとつ「進化」していた。「根源」という意味をこのアルバムのタイトルに充てた意味、全体を通して聴き込んできて何となく分かった気がする。進化はしてきたが、DIRの中に一貫してある基盤は昔から変わっていないなと。それでいて毎回聴き手をわくわくさせる魅力がある。「根源」をそのままに確実に「進化」していく、そんなことが出来るバンドを俺は他に知らない。
スポンサーサイト

 2015_02_18

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

純ドラ

Author:純ドラ
ようこそ純ドラ徒然日記へ。
ここは元L's mad partyのドラマー【純】の
知られざる素顔を晒す、決死のブログです。

血:AB型
出身地:深海(水深1500メートル)
職業:秘密結社
趣味:山ドライブ、スノボ、温泉、オカルト、
   バンド、詩、中日ドラゴンズ
特技:迷子、フィンガードラム
必殺技:人の話を聞いてるフリ
座右の銘:明日から本気出す
好きな食べ物:ライチ、チョコミント、果物全般
嫌いな食べ物:とろろ、酢こんぶ、トマトジュース、にんにく
好きな音楽:DIR EN GREY,PIERROT,MERRY,MUCC,
Plastic Tree,BUCK-TICK,黒夢,
GO!GO!7188,ウルフルズ,ジムノペディ

Beautiful Freaks

線香花火を楽しめるブログパーツ

Flashリバーシ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。